マイナチュレの効果を解析!入っている成分のここがひと味違う

マイナチュレの効果を解析!入っている成分のここがひと味違う

マイナチュレは、女性用育毛剤として女性に人気の高い商品です。世の中には他にいくつも育毛剤があるのですが、こんなにも評判が良いのは、効果が高いというのも理由のひとつだろうと思います。

では、その中身についてどれだけよさそうな成分が入っているのか、少し比較解析してみました。

マイナチュレの育毛有効成分はどれ?

一般的に、育毛剤の中でも女性用のものに配合されている成分は、頭皮を元気にして炎症を鎮めるものが入っています。そして育毛効果の高い成分が力を発揮できるような誘導体や、天然の保湿成分などが入っています。マイナチュレの場合は、まずメインにセンブリ、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールが入っています。

センブリは主に育毛効果、グリチルリチン酸ジカリウムは主に炎症を抑える効果、酢酸DL-α-トコフェロールは主に代謝を活性して血行促進できる効果などがあります。これらが高配合されているので、フケや痒みをおさえつつ、適切に頭皮を活性化し、育毛効果がUPするのです。そして更に、育毛効果の高い海藻であるミツイシ昆布や、様々な天然成分とアミノ酸がプラスされています。

マイナチュレ以外の育毛剤との比較解析

マイナチュレ以外にも、女性用の育毛剤はいくつかあります。有名どころでいくつか見てみると、やはりメインの育毛有効成分はセンブリ、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロールであるものが多いです。

ただ、その量が違うことと、他に配合しているものがまったく違っていました。

A社では数多くの種類の天然成分を配合しているとか、B社では保湿成分を大目にしているとか、C社では代謝関係に有効な成分が多いとかです。何よりマイナチュレに特徴的だったのは、10種類のアミノ酸を配合しているという部分です。これは他の会社の成分にはあまり見られない特徴でした。

マイナチュレの配合は考え抜かれたバランスよさが特徴

ざっくりと育毛剤の配合成分から解析してみると、マイナチュレの配合は有効成分を毛根に効率よく届かせ、働かせるために考え抜かれたバランスで配合されているという特徴が見えてきます。

天然成分の種類は最低限にとどめ、安心と安全を実現するために化学添加物も除き、細胞を活性化しつつ優しく頭皮を元気にさせていく。

そんなこだわりの詰まった育毛剤ですから、世の中の女性の人気を集めているのも納得できるような気がします。

よければシェアしてね

効果の出方カテゴリの最新記事

PAGE TOP