マイナチュレはなぜ無添加育毛剤にこだわった?その効果に必要なこととは

マイナチュレはなぜ無添加育毛剤にこだわった?その効果に必要なこととは

無添加とか、無香料などを謳っている商品は世の中に数多くありますが、添加物に関しては、賛否両論ありますよね。マイナチュレの育毛剤の場合は、効果をUPさせるという理由があって無添加にすることにこだわっているようです。

それはどんな効果なのか、詳しくご紹介してみましょう。

マイナチュレが11種の添加物を入れていない理由

添加物と一口に言っても、厚生労働省で安全数値を厳格に決めているので一生涯摂取し続けても安全なものだとされているものもあります。ただ、中にはその厚生労働省もあまり配合しない方がいいよと注意喚起しているものや、のちの研究で悪影響がわかったものなどもありますので、直接体内に摂りこむものについては慎重にならざるをえません。

特にマイナチュレのような育毛剤は、長期間毎日付けるものにもなりますので、より慎重に有害だと言われる化学成分はできるだけ入れないようにしたいと考えたのでしょう。

また、本来の有効成分の作用を邪魔しないようにするという意味もあります。育毛効果と安心感の両方を実現させ、デリケートな妊婦やホルモンバランスが崩れやすい忙しい女性、敏感肌の女性にも安心して効果的に使ってもらいたいという理由があって、マイナチュレは無添加育毛剤にこだわっているのです。

マイナチュレが配合をしないと決めた添加物とは

マイナチュレが頭皮に悪影響がありそうだとして排除した添加物は、次の11種類の成分です。

・香料
・着色料
・鉱物油
・パラベン
・石油系界面活性剤
・タール色素
・紫外線吸収剤
・合成ポリマー
・動物性原料
・酸化防止剤
・シリコン

これらを除くことで、より27種の天然由来成分や、育毛に良いとされるセンブリ、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロール、ミツイシ昆布などの有効成分が活きてくるのです。

マイナチュレを長く安全に使うために

マイナチュレの有効効果を実感するには、できるだけ長く付け続け、しかも毎日定期的に付けなくてはなりません。それだけ長い間肌に染み込むものですから、敏感肌の人やデリケートな妊婦さんは、慎重になりますよね。

どんな人にも安心、安全に長く使ってもらって効果を最大限に引き出す、そのためにマイナチュレがこだわったのが無添加無香料です。ただその分温度環境などで変質する可能性もありますから、適切に保管し、開封したあとは3ヶ月以内には使い切るようにしましょう。

ちなみに未開封なら3年はもつそうです。

よければシェアしてね

効果的な使い方カテゴリの最新記事

PAGE TOP