女性向け育毛剤の選び方、迷ってる方はチェックしてみて!

女性向け育毛剤の選び方、迷ってる方はチェックしてみて!

育毛剤って、多くのメーカーが競い合うように商品開発していますよね。そのおかげで価格も抑えられた優れた効果を持つものが多数出てきました。種類も豊富でどれもが「髪にいい」と謳っているのはいいのですが、今度はどうやって選べばいいのか迷ってしまいがち…。

薄毛に効くのか、抜け毛が減る効果が高いものを選ぶのか、はたまた頭皮を改善する効果のあるものを選べば良いのか…。

選び方に迷う方にむけて、絞り込むためのポイントについてご紹介します。

ポイント1:薄毛の特徴4パターンによって選ぶ

誰もが関係することとして、まずは育毛剤の成分を確かめ、アレルギーを起こさないかを調べて避けることは最低限行利ましょう。そのうえで、ざっくりと次のような症状、あるいは進行段階に達しているかで分ける選び方をご紹介します。

「薄毛」と一口に言っても、気になっているポイントは人それぞれですよね。今回は、薄毛の悩みについての特徴を4つのパターンに分類し、それぞれについておすすめの育毛剤の選び方をご紹介していきます。

見た目にもハッキリ脱毛がわかる・とにかく髪を復活させたい

円形脱毛症や、男性型脱毛症など、見た目ではっきりと脱毛していることが分かりやすく、何とか復活させたいと言う場合は、「医薬品」に該当する発毛剤を薬局や病院で選んでもらうか、ミノキシジルなどの発毛成分が多めの育毛剤を選びます。医薬品なので、医師や薬剤師に現状を確認してもらい、アドバイスなどを受けることができるのもメリットです。

全体的にボリュームが少ない・分け目が目立つなどの薄毛

見た感じ頭皮に異常はなさそうだけれど、全体的にボリュームがなくペタっとしている、地肌が透けて見える、分け目が目立つ、と言った場合には、「医薬部外品」に該当するものを選ぶとよいです。成分としては化学成分などの強めのものが使われていることが多く、発毛力の高い成分が高配合されているものを選びます。

頭皮が刺激に敏感で弱っていて薄毛が気になりだした

頭皮が炎症していたり、かぶれやすいなどの人で最近薄毛が気になりだしたと言う場合には、「医薬部外品」の中でも、頭皮の環境を整える成分が配合されているものや、天然成分を多く使って刺激を減らしているものを選ぶと良いです。アルコール成分が入っていると、頭皮への刺激になりやすいので、アルコール成分が入っている育毛剤は避けた方が良いでしょう。

髪が細くなった・切れ毛が増えてきた・フケが増えてきた

「化粧品」または「医薬部外品」のうち、スカルプケアに力を入れている商品を選ぶと良いでしょう。特に、保湿や頭皮の栄養成分が多めのものがベターです。使用中のヘアケア製品があれば、その製品に含まれる成分と相互干渉を起こさない成分であることもチェックしておいた方が良いでしょう。

ポイント2:価格帯で選ぶ

育毛剤の中には、高額な商品もざらにあります。

誰しも、せっかく育毛剤を買うのであればできるだけ効果の高い物を、と考えがちですが、よほどお金に余裕があるならともかく、通常はできるだけ購入費を抑えたいという気持ちもあると思います。

育毛剤は短期間で成果が出るものではありません。毛周期の関係もあり、最低でも3~6ヶ月以上の長い期間使用し続けてチェックしていかなければ結果は出ません。そのため、ある程度は長期間使いやすいコストかどうかも大事なポイントになります。

高いから良い成分がたくさん入っているかと思いきや、最近は大量流通やコスト削減の工夫も多様化してきているので安くて良い商品も増えてきました。もし迷ったら、ランキングサイトや使用感がわかる口コミを参考に、自分にあった情報をネット検索し、その中でも手にしやすい価格のものを選んでみるのも一つの方法です。

ポイント3:効果には3つの特徴がある、どれを重視する?

女性用育毛剤の効果には、大きく分けて次の3つの特徴があります。自分が欲しい効果が得られそうな成分が多めに入っている、あるいはその効果を重視している成分が入っている育毛剤を選ぶなら、次の点で確認してみてください。

1.血行促進効果

髪の毛の改善を考えるならまずは土台である頭皮の血行が良くないとどうにもなりません。そのため、ほとんどの育毛剤にセンブリエキスやイチョウ葉エキスなどの血行促進効果のある成分が入っています。

2.頭皮環境改善効果

血行促進とセットになっている育毛剤も多いですが、敏感肌や肌荒れでフケが多い人のために皮脂を抑えて保湿し、痒みを抑えるジオウエキスや、抗炎症作用があるイオウを配合しているものもあります。保湿効果で有名なヒアルロン酸、抗菌作用のあるウイキョウ、抗酸化作用のあるセージやボダイジュなどもフケに効きます。

3.男性ホルモン抑制効果

最近耳にすることも多くなったAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが過剰に分泌されることにより薄毛になります。そのため、ノコギリヤシエキスやキャピキシルなどの男性ホルモンを抑制する効果が多く含まれる育毛剤を選ぶと効果的です。

ただし、育毛剤は進行度合いが軽い人用です。初期から医療機関を受診した方が早く・確実に発毛につながる可能性もあります。ただし、AGAかどうかの判断は難しく、自己判断は避けましょう。ある程度育毛剤を使っても効果がなかったら、医師に相談してみましょう。

ポイント4:女性は女性用育毛剤を選ぶ(男性用育毛剤は選ばない)

女性用育毛剤をチェックしている方なら、このあたりの基本は抑えられているかもしれませんね。でも一応お伝えするなら、女性用の育毛剤と男性用の育毛剤は、その成分構成がまったく違っているため、単純にこの効果が欲しいから男性用の方を購入しよう!というわけにはいきません。

女性の薄毛と男性の薄毛のメカニズムは違っています。それぞれの薄毛のメカニズムとホルモンバランスや特性を考慮した上でバランス調整した商品が作られているので、女性が男性用の育毛剤を使っても効果が薄いどころか、逆に悪化する可能性もあります。

もちろん、体質にもよりますので、中には結果として男性用育毛剤でも良い可能性も否定できませんが、それなりに高いお金を出すなら、女性用のものを使う方がおすすめできます。

賢く試すなら、返金保証付きの育毛剤を

さて、ここまでいくつか育毛剤の選び方としてポイントを挙げてきましたが、いくつかの商品に絞れてきたでしょうか。

あまりにも普及している育毛剤が多いので、それでも「まだ絞り切らない」という人は、最終的には迷っているいくつかを購入して使用してみてから決めることになるかもしれません。実際に使ってみて、「これならしばらく試してみてもよさそう」と思えれば、それを長期間試してみるという方法です。

その場合、賢く試すためにおすすめなのが、返金保証制度です。女性用育毛剤によっては、返金保証制度が付いているものもあります。ある程度試してみて、どうしても効果が実感できなかった場合に条件付きで返金してくれますので、気楽に試すこともできますよね。

短期間試したところで効果がわかり辛い育毛剤だからこそ、できるだけこうした制度を賢く利用しつつ、自分に合った物をチョイスしてみてくださいね。

 

育毛剤カテゴリの最新記事