上手な薄毛隠しの方法とは?かえって薄毛が目立つNGは?

上手な薄毛隠しの方法とは?かえって薄毛が目立つNGは?

薄毛は育毛剤や医療的なケアで改善していく可能性があります。ただし、思い描いたようなフサフサ感になるまでは長い期間が必要です。その間、気になる薄毛部分をうまく隠すには、どうすれば良いのでしょうか?

薄毛が気になって外出が負担になっている人や、人目が気になって楽しめないと言う人は、上手に薄毛を隠すことでまた外出が楽しくなったり、人前に出ることに自信が持てたりするかもしれません。

今回は、薄毛を目立たなくする方法や逆にこうしてしまうと目立っちゃうかも!という方法をご紹介してみましょう。

薄毛を隠すなら髪の中!部位別の工夫はこれ

薄毛をカバーしたいなら、まずは髪の毛を伸ばすべきだと思っていませんか?

でもちょっと待ってください。伸ばすのも一つの方法ではありますが、そんなことをしなくても、他人の視線を向かせたい方向にある程度コントロールし、気になる薄毛から目を逸らさせることができます。

よくある薄毛のパターンごとに、その方法を見てみましょう。白髪が目立って薄く見える場合も使えますよ。

パターン1:生え際が薄毛で額が広く見えてしまうなら

男性に多い生え際の薄毛ですが、女性も白髪が目立つとか、髪が細く産毛のようになってしまっておでこが後退したように見えると気にされている方は多いようです。

そんな時は、思い切って前髪を今までより増やしましょう。といっても増毛するわけではありません。いつもより頭頂部方向へ1~2センチほど上の髪の毛も前髪にすることで、増やしたように見えるのです。

その時に気を付けるのは、すべてを「ぱっつん」と下すのではなく、少し梳いたような状態でワックスなどスタイリング剤をつけてふんわり根元を立てることです。ボリュームを上方向にすっきりさせることで、額周りが気にならなくなります。

ソフトパーマをかけたり、男性ならソフトモヒカン風にするのもおすすめです。

それに加えて、サイドの髪は短めに切ってスリムなシルエットの頭を演出しましょう。ロングなら、うしろで縛ってしまうのもありです。要は、自然にふんわりトップにボリュームをもたせる感じに仕上げると、他人の視線は縦方向や上方向に向くので目立たなくなるのです。

パターン2:頭頂部と後頭部や分け目の薄毛には

頭頂部や後頭部、髪の分け目の部分は、後ろから、あるいは上から見られると恥ずかしいと感じている人は多いようです。他人からすると、前から見てもあまり分からないのですが、人目が気になってしまいますよね。

頭頂部が気になって切る場合、帽子をかぶるのは一つの方法ではあります。ですがそれだと頭皮が蒸れる心配があるので、こまめな換気(!?)や帽子にマッチしたファッションコーディネートにも気を遣いますよね。

そこで、もしも髪型で工夫するのであれば、まずは分け目を変えてみましょう。そんな簡単なことではありますが、日々同じ所で分け目を作っている人なら、それだけでもかなり印象が違って見えます。

また、オールバックにするのも良いでしょう。ただし、髪の量によっては「すだれ頭」になってしまわないよう、後ろにぺったりとなでつけるのはやめましょう。ややふんわりとセットするのがコツです。同じように、ショートヘアにして髪の毛を立たせるのも一つの方法です。

女性なら、軽くまとめたおだんご頭もおすすめです。

そして万人の薄毛隠しに便利なのが、パーマです。チリチリではなく、ゆるふわ頭で、セットしやすいものにしてもらいましょう。

毛髪を縦方向にまとめるのがスッキリ薄毛隠しの良いテクニックです。

参考:MONDE MYSTYLE『【男性】ハゲの上手な隠し方。薄毛を目立たなくする方法とは?』 

これはNG!薄毛を隠したいあまりに悪目立ちしかねない

部分的に薄毛が気になってくると、他の部分も薄くなるのではと心配になる人も多いです。人間の心理として当然のことではあるのですが、だからといって今ある部分だけを長くのばしたり、一か所だけをボリューム感を出すのはNGです。なぜなら、余計に薄毛部分が強調され、不自然な髪型になりがちだからです。特に、サイドだけを伸ばしてしまうのはNG!

また、前髪で額を隠そうと不自然におろすのも悪目立ちしてしまいます。前述したように、前髪を増やしたうえでふんわり自然な感じに流す、あるいは立たせるようなスタイリングを心がけましょう。強引に「もってくる」と余計に目立ちますので、今ある髪の毛で無理なく可能な範囲でバランスをとるのがコツです。

参照:日刊SPA!『薄毛の人がやりがちなNGな髪形「隠すのは絶対に悪手」

優秀グッズで薄毛を目立たなくさせるのもスタンダード手法

今では、薄毛隠しのためにも白髪隠しのためにも様々な優秀な商品が出ています。ネットでも簡単に買えますので、自分に合いそうな一品を選んで試してみましょう。

①スーパーミリオンヘアーなどパウダーやファンデーションタイプ商品

薄毛が気になる方は、一度はテレビショッピングなどで目にしたこともあるのではないでしょうか?

パウダータイプの薄毛隠し商品はとても優秀です。ぽんぽんと片手で容器を持ってハンコのように気になる部分にパウダーをたたくように振りかけ、その後ミストスプレーを吹きかけて定着させます。たったそれだけで、驚くほど自然にボリュームアップして黒々とした自然な毛がそこにあるように見えるのです。

産毛など、今ある毛のボリュームをアップする方法のため、自分の髪の毛が増毛したように見えます。外出する度や毎日の手入れが必要になってしまいますが、安全性も高く、シャンプーなどで簡単に落ちるので、育毛・発毛するまでの中継ぎにあると安心な商品と言えます。

②ウィッグやかつらなどの商品は部分的なカバーでも自然に見える

人によって色合いも質も違う髪の毛に合わせて、より自然に見せつつボリュームアップしてくれるのがウィッグやかつらです。デメリットとしては、ちょっとお値段が高めということ。そして消耗品なので、5~10年ほどでは買い替えが必要になってきます。

でも、それをカバーして余りあるメリットが安心感です!

最近のウィッグは、部分的なものも含めて着脱しやすく、しっかり停まるので、外出中にはずれてしまうといった昔のコントのような心配はありません。そしてなにより、ウィッグであることがまったくわからないくらいに自然な仕上がりになるのです。自毛と同じようにスタイリングできたり、つけたまま洗ったりできるタイプもあります。

はずれない安心感、自毛と見分けがつかないナチュラルさ、ケアが簡単になってきたところなどが人気が高まっている理由のひとつです。

金属アレルギーなどが心配な方用に、材質にもこだわった安心なものも出てきていますので、一度は専門店に足を運んでみるのも良いでしょう。

最近では「増毛エクステ」という手法もあります。仕上がりが自然な上に、お手入れも手軽なので人気が高まってきています。

薄毛隠しにエクステ!増毛エクステのメリットとデメリット

上手に隠したいならプロの意見も取り入れて

ここまで、様々な工夫をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?自分では面倒とか、頑張ってもなかなか今一つうまくいかないということもありますよね。自分でスタイリングするのが難しい工夫は、ぜひ信頼できる美容師さんに相談してみてください。さまざまなテクニックを持っている美容師さんなら、あなたに似合う、性格にも合ったぴったりの工夫を教えてくれると思いますよ。

この他にもいろんなテクニックはあると思いますので、ぜひ勇気を出して恥ずかしがらずに、美容師さんに薄毛の上手な隠し方を相談してみてくださいね。本当にプロの美容師なら、親身になって相談に乗ってくれるはずですよ。

薄毛・ハゲカテゴリの最新記事